柳瀬川に鮎釣りに行ってきました!

こんにちは。

柳瀬川では6月1日からアユ釣りが解禁しました。

解禁初期は本当の小鮎が多いものの、釣れば天ぷらなどで美味しく食べられることもあり、柳瀬川釣行を楽しみにしている私です。

釣行は6月9日に行きました。その時の様子を掲載いたします。

柳瀬川

当日の条件

  • 気温:19.1度~20度くらい
  • 時間:11時半~13時半
  • 場所:台田団地付近
  • 釣果:オイカワ5匹、ヌマチチブ2匹、小鮎1匹

涼しいくらいでした。釣り場に到着すると日が照って少し暑いと感じることもありました。

川の水の流れが結構変わっていて、どこで釣ろうか迷いました。

今年のアユは上ってくるのが遅め!?

釣り人の方と話す機会がありましたが、今年はまだ清瀬付近までアユがあまり上ってきていない模様です。

埼玉のあたりで釣りをしている人は小鮎をたくさん釣り上げている人を見た、そうですが、清瀬付近ではまだ釣れない、とその人はおっしゃっていました。

ふむふむ確かに6月の9日になってもまだオイカワが釣れるところを見ると、アユが上ってきていないのかもしれませんね。

今回私が釣れたアユも1匹だけでしたし。

小鮎

でもまぁ楽しい釣りになりました!

今日はオイカワやヌマチチブたちが楽しませてくれました。

写真は撮っていないのですが、オイカワは大きいもので12センチくらいのものも釣れました。

上記の小鮎は10センチメートルくらいでした。

このアユは天ぷらにしておいしくいただこうかと思っています。

次回行くとしたら…

次回はアユがちゃんと上ってから釣りをしたいという気持ちがあるため、梅雨明けの7月上旬ごろになるかもしれません。

とにかくアユがいないことには釣りにはなりませんので、早く上流まで上ってきてくれることを祈ります。

柳瀬川に鮎釣りに行ってきました!” に対して2件のコメントがあります。

  1. 朝霞の鮎釣り士 より:

    貴重な情報提供ありがたいです。
    黒目側と柳瀬川の鮎に詳しい朝霞市内の個人経営のおかみさんに聞いたら、
    今年は和光北インター近くの新河岸川で、鮎遡上期に大規模な護岸工事を
    行い、連日泥濁りが続いたため荒川→新河岸川→黒目側・柳瀬川の遡上が
    殆ど無かったそうです。

    その分、本来は新河岸川を遡上する稚鮎が荒川本流を遡上して、秋ヶ瀬堰の
    遡上鮎は近年にないくらい大量遡上していたそうで、堰上で汲み上げた稚鮎
    も交じり、寄居荒川では天然遡上の鮎がかなり居るとの情報が入っています。

    今年の黒目川と柳瀬川の鮎釣りは絶望的で、殆ど遡上していないから秋の
    産卵個体も極めて少ないと予想され、来年以降も絶望的な状況は続くと考え
    られます。

    1. taka3955 より:

      朝霞の鮎釣り士さん

      こちらこそ情報をありがとうございます。

      そうでしたか、タイミングも悪く護岸工事をしていたんですね。
      それは上ってこないかもしれませんねぇ。

      私はとりあえず7月上旬にはもう一度行ってみる予定でいます。
      その時の情報をまた載せますのでどうぞご参考にしてくださればと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。